おかえり

母の言葉にすっかり考え込んでしまいました。
初めはちょっとイラっとして、料理を進める手つきも荒っぽかったですが、だんだん心も落ち着いてきました。
こういう心を落ち着かせる時間って大切ですね。
思い立って口に出した言葉は大抵後で後悔するんです。
だからといって、言わずにいたらどんどんいろいろな思いが心に溜まってしまうので、少し自分の気持ちを乗せた言葉を言うといいんですよね。

あの後、お母さんは何のためにここにいると思っているの?って聞いたんです。
もちろん母はなんでやろう・・・という反応。
お母さんは私にお帰りっていうためにここにいるんだと思うよと言ったのです。

まあ、こんなに連日お帰りといってもらえたのはここ最近のことで、片親で育った家庭はどこもそうだと思うけど、お帰りと言ってもらえたことが無いのです。
今は共稼ぎの家庭もそうだと思います。
でも、私が小学生の頃の多くのお母さんたちは毎日お帰りって言っていたご家庭が多かったんです。
前払いしてもらえなかった分を今回収中です。

子どもも多くのことを親に求めているわけではないと思います。
小さい頃はぎゅっと抱きしめてもらいたかったとか、一番に考えてほしかったとか、ありのままを受け入れてほしかったとかの延長線上におかえりもあるなあと思いました。

まだ回収しきれてないから、大阪へは帰ってもらっては困ります。



今日は私にしては珍しく午後から出かけて、晩御飯も外出先で食べます。
母の分は夫がお寿司を買って帰ってくれることになっています。
(先日の私がランチに出かけた時にもお寿司を買ってきて食べたそうですが、完食だったそうです)





・朝から良いお天気で気持ちがいいです。

・今日のお出かけは前から決まっていて、楽しみにしています。






にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村