自費出版

今日は暖かでお天気も良かったので、こういう日にのんびりできたら気持ちがいいだろうなあと思いながら、トイレ掃除や買い物に追われて、午後は午後でジムに行ったりと、結局気が付いたら5時過ぎてしまいました。

帰ってきたら郵便受けに大きな郵便物が送られてきていました。
母の友人が自費出版した書物でした。
絵と和歌の素敵な本でした。

母の人生は、それはなかなかな人生だったと思われるのですが、今まで書物にまとめたことはありません。
まとめるときっと面白いものになると思うのです。
NHKの朝の連続テレビ小説の題材にでも選ばれそうな。
母はきっと友人の本を読んで、触発されているに違いないと感じたので、ノートにまとめてみては?とふってみました。
ノートが山のようにあるので(子ども達が使いかけのままのノートで、大体2~3ページで終わっている)、使ったところはちぎって、表紙の色違い3色のノートを渡しました。

私がそんな話をしても否定しないので、多分その気になっているんじゃないかと思います。

昨日の面接の方とも話していたのですが、ここには母の知り合いはいないし、今から新しく人間関係を作っていく時間も気力もないと思います。
何か楽しんでできる事がないかと話していたところでした。
少しでも気持ちをもって何かに取り組んでくれるとなあ。




八宝菜、さんまの塩焼き、春菊の白和え、サラダ。
4人分650円くらい。

H30.11.11晩御飯








・休日は休日の用事があって、結構忙しいのです。
お天気が良くてよかった。

・今年はよくさんまをいただいています。
安くなって良かった。





にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村