娯楽でものを買う

なぜ自分が使わないかもしれないものを買ってしまうんだろう。
いったい何時になったら物欲というものから自由になれるんだろうと思い、昨日の記事を書いていたんですが、簡単な娯楽で楽しいからというご意見をいただきました。
なるほど、楽しいからものを買ってしまうんですね。
まあ確かに(お金さえあれば)一番簡単な娯楽かもしれません。

元々母は何かを始める時は道具から入っていく人なので、特にものを買う、あるいはものを所有することが好きな人なのです。
うちにいる間でも、転送されてくるジャパネットたかたのカタログを見ては、冷蔵庫が小さいから買い替えたらどうだとか、ガスレンジをこれにしたらどうだとか、お金は出してあげるからなんて言うんです。
そこは私はものを買わない方なのかな。
すべて却下してきました。

人の家のものまで買いたいってどうなの?って思うのですが・・・・困ったものです。
私はたとえお金を出してくれても安易には買えないなあ。

例えばガスレンジについては、確かにもう寿命ではあるんですが、ガスレンジだけを替えるか、換気扇も一緒に替えるか、はたまたシステムキッチンごと替えるか・・・を考慮しないといけないので、いまだ決断できていないのです。
(それ以前にそんなお金がありません)
冷蔵庫についてはまだまだ使えるのに(買って6年余り)、買い替えなんてという思いがあります。

これってもしかしたら性格的なものもあるのかなあ。




うな丼、かきたま汁、根菜の煮物、卵豆腐。
3人分1500円くらい。

H30.3.7晩御飯








・今日は寒いという予報でしたが、まあまあで、お天気も良かったです。
日差しは春ですね。

・通勤途中のそこここで梅の花が咲いています。
次は桜なのね。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村