母の目論見違い

母は子どもが私だけで、しかもお嫁に行ってしまったので、将来は施設に入るつもりだと、常々言っていました。
それで定年退職後も色々勉強したりして、介護相談員を長くやっていました。
折り紙のボランティアで、色々な介護施設にも行っていたので、母に介護が必要になったら何時でも入れるよって言ってくれる人が何人もいたようで、安心していたようです。

基本健康で元気だったので、自分の好きなことや、やりたいことを優先してやってきたので、ここ2年ほどの体調不良に見舞われて、ようやく周りを見渡してみると、何時でも声をかけてねって言ってくれていた介護施設の施設長も退職してしまって、知っている人もいなくなってしまったようです。
母の目論見違いです。

好きなことはやるけど、やりたくないことはやらない主義で、やらなければならないことを先送りにしていた(こういうところは私も同じ)ツケがまわってきたんです。

そうしても物を減らすことができなかったので、身軽になれなかったのが母の敗因だと思います。
お金があって、年金もそこそこあって、いつまでも遊んでいたかったのだと思います。

子どもには世話にならないと言っていたのが、どうしても自分で身辺整理できなかった・・・のは、結局甘えていたんだと思います。
とてもそんなこといえませんが。

母は頭のいい人だと思いますが、合理的な考えができる人では無かったのかな、って気がします。
友達にこんな人がいたら、可愛いところがあって、困った人だと思いながらも楽しくお付き合いできるのかもしれませんが、娘からしたら、困った人だオンリーです。





ナスの豚肉巻き、焼き鳥(皮)、サラダ、野菜スープ。
3人分900円くらい。

H30.2.9晩御飯







・暖かくなってきて少しほっとしています。

・今日は長男は外食です。
いっぱい食べました。








にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村