アリスのままで

この頃・・・というわけでも無いんですが、時間の使い方が悪いのもあって、なかなかゆっくりした時間がとれませんでした。
それが土曜日には、最近真面目に始めたスポーツクラブのヨガのクラスが休講になって、夫も大阪へ日帰りで出かけているしで、夕方から時間ができました。
そういう時にこそ日頃できないことをさっさとするのが、時間の使い方が上手い人なんでしょうが、私は土日にする仕事を終らせるくらいしかできませんでした。

それでも夕方に用事を済ませてしまうと、夜の時間に余裕ができて、ケーブルテレビの映画を久しぶりにゆっくり観ました。
今回は「アリスのままで」という、若年性アルツハイマー病になった女性のお話でした。
すごく心に残リました。
主人公のアリスは知的な人で、その知的さ故に自分を失っていく過程に苦悩する姿がなんとも言えませんでした。
主人公を演じた女優さんはその年のアカデミー主演女優賞を受賞したというとおり、素晴らしい演技でした。

そこでその主人公が「がんだったら良かったのに。そうしたらピンクのリボンを付けてみんなと戦えるのに。こんない恥ずかしい病気になって・・」と言うのです。
この言葉は・・・きっと私もそう思うだろうと、ぐっと胸に迫ってきました。
(いやいや私が知的だと言っているのではなく)

こういう映画は時間に追われながら観てもなかなか心に響かないのですよね。





うな丼、豆腐とわかめのスープ、トマトときゅうりの和え物、小松菜のサラダ。
3人分950円くらい。
昨日夫が780円でうなぎのかば焼きを買ってきました。

H29.6.26晩御飯






・思ったよりもいいお天気でした。

・今日は久しぶりのうなぎでした。
やっぱり美味しかったです。(もちろん中国産ですけど)






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村





ここのところの様々

昨日、夫が日帰りで大阪の私たちのお墓詣り(という名の草抜き)に行ってきてくれました。
そんな強行軍で行かなくったっていいのに、と思ったのですが、確かに今年に入って行っていないので、雑草がひどいことになっているだろうと思っていました。

お墓は母の実家、母の一軒家のあるところから徒歩15分くらいのところにあります。
そもそも母が定年退職して、実家近くで、しかも自分の夫(私の父は私が3歳の時に亡くなっています)が入っているお墓の近くなので、そこに家を建てようと思ったようです。
それまでは子育ても仕事もあったので、会社に通いやすい場所でした。

やっぱり女の子は実家の近くに戻りたいものなのでしょうね。
でもそれが悪かったのかも。
母の実家のある場所は、駅から遠い山の中です。
そんなこんなで今も空き家ってことです。

母から電話があり、門から玄関まで、人が通れるように草を刈ったそうです。
母のいとこも手伝いに来てくれたそうです。
母一人ではとても手に負えない状況です。

ふと思い出したんですが、門から玄関までは、確かコンクリート?だかなんだかで草が生えないようになっているはずなんですけど。
それをも超えるほどの草なんでしょか?
う~ん、そこを片付けるのは、本当に大変です。


子猫は1週間たって、大きくなりました。
それでも8月の初めに3泊で大阪に行くのは無理がありそうです。
予定を少しずらして8月末から9月初めの頃に変更しようかと悩んでいます。






とんかつ、たたききゅうりの和え物、お味噌汁、鯛の湯引き、キャベツの炒め物。
3人分850円くらい。

H29.6.25晩御飯







今、小林麻央さんの訃報で持ち切りですね。
残された子どもさんたちのことを考えると、、、特に頑張っているであろうお姉ちゃんのことを考えるとかわいそうで仕方がありません。
きっと素敵な人に育ってくれると思います。

ご冥福をお祈りします。








にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村